40代のスキンケアの仕方 今までと同じやり方ではNG!

40代

アラフォー世代に差し掛かると毛穴の開きが今までとは変わってきます

肌が重力に逆らえなくなり、縦に伸びることで小ジワのように見えてしまう事もあります。

毛穴の数は、顔だけで20万個もあるといわれています。その毛穴がすべて開いた状態なることを考えると・・・

30代のころは、「たるみ肌」と呼ばれ、毛穴の周辺が深くくぼんで、楕円のように広がり毛穴が目立ち始めます。

これが40代になると、重力に耐えられなくなり、毛穴が下へ下へと引っ張られます。これが帯状毛穴となるのです。溜まった皮脂が酸化して起こる「黒ずみ毛穴」もこのころから増えてきます。

スマホやマスクの影響で、表情筋が衰え、一昔よりたるみが早く表れます。肌をきゅっと引き締めてリフトアップが必要です。

毛穴は、日々頑張っています。

人の肌は、皮脂を出すために、毛穴を開け閉めしています。これが40代になってくると、いったん開いた毛穴を自分で閉めることができなくなってくるのです。開いたままの毛穴からは、塵やホコリが入ってきて詰まったりして黒ずんでくるのです。

特にダイエットをしている人は、ダイエットを意識するあまり、タンパク質や油分が不足しがち。スカスカとしてへたった肌になります。

そんな時は、 ビタミンC配合の化粧水や美容液で、肌を引き締めてあげてください。特にビタミンC誘導体が配合された、美容液や原液は、即効性があります。

■身体の外からだけでなく、身体の中からビタミンCを補っておげることも有効です。

 

40代にスキンケア選びで大事なことは、自分の肌質にあったものを使うことです、自分の肌の状態にあった化粧品を使わない限り、いくら高くて評判の良い化粧品を使っても効果は期待できません。

選ぶときは、あなたが本来持っている免疫力やターンオーバーを回復するようなスキンケアを選ぶと良いと思います。

■私が基礎化粧品を選ぶ際に重要視していることは
  • 天然・自然由来の成分が多いこと
  • 心地よいテクスチャーと香り
  • 金額的負担が少ない

この3点を重要視しています。

40代にスキンケアのポイントは、「落とす」「潤す」「整える」です。

■落とす
クレンジングと洗顔で汚れをしっかりと落とすことを心がけましょう。でもこすりすぎは、肌にダメージを与えるので、やさしく包み込むように洗ってあげましょう。

40代の肌は、乾燥しやすいので、保湿力が高い石鹸がおすすめです。毎日使う洗顔石鹸だからこそ。自分の肌質や肌の悩みに合わせて選びましょう。

脂性肌の方は、洗浄力のある弱酸性の石鹸や皮脂をしっかり除去するジェルタイプ、毛穴の汚れをきれいにするスクラブタイプを使うと良いと思います。

一方、乾燥肌や敏感肌の方は、洗浄力はそれほど強力ではなく、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されているものを遣えば洗顔後しっとりと仕上がると思います。

くすみやごわつきが気になる人は、古い角質を除去する、酵素やフルーツ酸が配合されているものがおすすめです。

 

■潤す

40代になると肌の水分量だけでなく油分量も減少していきます。肌が乾燥したりハリがなくなっていくのは、そのためなんです。

肌を乾燥させると様々なトラブルが襲ってきます。まずは肌を乾燥から守り潤すことです。

安全性の高い保湿成分が配合された化粧水を選びやさしく肌を包み込むように抑えて浸透させていきます。

乾燥した肌は、本来の肌とは違い弱り始めています。放っておくと敏感肌になる可能性もあります。

使用方法に書かれている量を手のひらにとり、優しく肌をこすらないように、顔の中心から外側へ、下から上へ伸ばすようになじませていきます。最後に優しく肌を包み込むように押さえます。

■整える

化粧水と同様に、高い保湿効果を持つ安全性の高い保湿成分・美容成分が配合された乳液・クリーム選んでください。

化粧水・美容液で潤った肌を持続させるために、肌を整える作業が必要です。

特に乾燥しやすい目や口の周りは重ね付けをすると効果的です。

乳液・クリームは、やさしく大きく円を描くように顔の中心から外側へ、頬⇒おでこ⇒顎⇒鼻の順番でなじませていきます。

40代は、この「落とす」「潤す」「整える」をしっかりと行うことで、毛穴のたるみ、くろずみが減ってきます。

20代、30代のころは、おろそかにしていた、基本的な作業ですが、40代になると、この基本的な作業こそが最も大切になってきます。

40代は十分な保湿が重要なのですが、「肌に化粧水が全く入っていく感じがしない」という方もいるかもしれません。

そんな方は、ブースターを使うと良いと思います。ブースターとは、「押し上げる、高める」という言葉「Boost(ブースト)」から生まれた言葉通り、ブースターを使うことで、次に使うアイテムの力を最大限に引き出してくれる「呼び水」的な化粧品なのです。

洗顔後にブースターを加えることで、保湿感が全く変わることもあるので、使ったことがない人は、一度試してみる価値はあるかもしれません。

美容液を使っていないのであれば、ブースターを使用する前に美容液を使うのも良いですよ。

美容液には、有効成分が多く含まれており、効き目が早くわかりやすいためです。特に最近の美容液は、ハリケア系が充実しています。

アラフォー世代は、まだ自力で元の肌状態に戻れる力が残っています。日々のケアを見直し、肌状態に合わせたエイジングケア美容液を使うことで大丈夫です。

1本使い切れば「それでよい」というものではなく継続することが大切です、肌は少しずつ年齢を重ねていくため、続けてキープするためには、続けることしかありません。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました